オベルブログ

書きたいことを書きたいときに

頑張らない人

私は自分のことを頑張らない人だと思っています。

何かを一生懸命頑張った記憶がないし、負けず嫌いでもないので、勝負に勝ちたいと思ったこともありません。

小学校の運動会の徒競走では、1番でもビリでも同じ気持ちでした。

「悔しい」とも思わないし、「みんなに勝って嬉しい!」とも思いませんでした。

部活でも勉強でもライバルなんていたことないし、友達より下手でも、テストの点数が低くても、何も思っていませんでした。

中学生の頃のテニスの部活では、顧問の先生に「オベルはもっと筋トレして筋力が上がれば、ぐんと上手くなる!」と言われましたが、

特に上達したいとも試合に勝ちたいとも思っていなかったので、何もしませんでした。

高校の頃はソフトボール部に入りました。

大会が近くなると毎回ミーティングがあり、どうすれば勝てるか、どうすればもっと強くなれるかを話し合います。

私は向上心のかけらもないので、いつも何も発言しなくて、先輩におこられていました。

中学も高校も運動部に入ったのは、小学校の保健の授業で10代のうちに部活などで体を動かすのが大事と教わったからです。

中学のテニス部は、初心者の女子が入れる部活がそれしかなかったからです。(他の部活は経験者ばかりで大変そうでした。)

高校のソフトボール部は、人数が少ないから誘われて入りました。(みんな未経験だったのでいいかなと思いました。)

 

学校の成績はいつも真ん中くらいでした。

高3の時にオール5を取りましたが、それは大学の推薦に必要だったから勉強しました。

いつも私より成績が良かったクラスメイトに「オベルはライバルだと思ってなかったのに悔しい!」と言われました。

みんな、「誰々には負けたくない」と思って勉強を頑張っているんだなあと、その時知りました。

 

私は、何においても、なるべく頑張らないで、なるべく一番楽なコースで、いい結果になればいいと思うタイプです。必要最低限の行動で最大限良い結果になればいいと思って生きてきました。

高校も大学も推薦入試で入りましたが、それは面接と成績表だけで合否が決まるからです。

1年以上受験勉強を頑張るなんて無理だし、面接の方が向いていると思っていたし、なるべく低エネルギーで終わらせたかったのです。

努力、頑張る、継続は力なり、というような言葉はあまり好きではありません。

学生時代先生たちがさんざん放っていた言葉たちです。

学生時代の家庭教師の先生には、「オベルちゃんに努力が加われば、完璧なのに!」と言われました。

 

どうして私は、努力するとか、頑張ることから逃げてしまう癖があるのでしょう。

楽をしてもそれなりの結果を得てきたからでしょうか。

私に向上心とか負けず嫌いの心がないからでしょうか。

 

あなたは自分のことをどんな人だと思いますか。